専門医による顎関節症の治療で可動領域が広がる可能性アリ

薬に頼らない病気の治し方

薬に頼らない病気の治し方

薬に頼らない病気の治し方について。 現代医学は西洋医学が基礎となっているため、疾患などの治療に対しては、基本的に薬物療法がメインとなっています。 しかし薬物療法には副作用の心配があるため、薬に必要以上に頼りすぎる生活を、長年に渡って続けることには、心配が残るものです。 そこで注目されているのが、栄養療法と呼ばれる治療方法です。栄養療法は、人間のもつ自然治癒力を発揮させることに注目した療法で、基本的には食生活の改善がメインとなります。 栄養療法は、初回の診察の際に、血液検査をして、足りないと思われる栄養素を食事やサプリメントから摂取することで、自然治癒力を高めて病を根本から治療することを目的としています。

副作用の心配について

栄養療法の利点は、なんといっても、副作用の心配がいらないという点です。 薬物療法を長年続けることは、副作用を受け続けることと同義であると同時に、自尊心の低下など、精神的なケアが十分に行えない点で問題があると言えるでしょう。 栄養療法も同様に、必ずしも精神的なケアが十分に行えるかといえば疑問は残ります。食事だけで病気が治ることが信じられない人もいるでしょうし、そもそもの原因が精神的なもの、例えば環境や思考方法などにある場合、いくら食事を改善しても、根本的な解決には至らないと言えるでしょう。 栄養療法は画期的な療法ではありますが、精神的なケアが不十分である場合がある点において、医療現場の改善点は少なくないと言えるでしょう。

Copyright © 2015 専門医による顎関節症の治療で可動領域が広がる可能性アリ All Rights Reserved.